スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント欄

コメントの投稿

非公開コメント

天使

『BAYONETTA』では天使が敵です。







この作品では天使たちはかなりグロテスクですね。
まあ可愛い天使たちをあんなにバラバラにするのは気がひけますからね。あれでいいんです。

僕は宗教があまり好きではありません。
なんというか、群れている感じが嫌いです。
超越した神という存在を中心に群れて、
その規模を力にしているのは卑怯とすら感じます。

『BAYONETTA』の天使たちも群れていますね。
大勢できて、ベヨネッタをなんとしても倒そうと襲いかかる。
対するベヨネッタは一人。ずるいです。

宗教なんて幻想です。
神も天使もいません。
『BAYONETTA』に出てくる天使たちは、群がった人々の様々な感情が具現化したものかもしれないですね。キャラクター紹介の中でも、天使が司るものが色々書かれています。

いつかそんな幻想が打ち砕かれて、
現実に向き合うときがきます。
『MOTHER』のマジカントを思い出しました。
あれは切なかったなあ。

まとまりがないですが、これで終わります。
早く天使たちを処刑台にかけてやりたい笑。

コメント欄

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポーキー

ブログ名: 最低国
管理人: ポーキー
BAYONETTA応援中です。
ちょっと詳しく

この人とブロともになる
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。